更年期障害は事前に対策しよう【イキイキ生活を送る秘策】

生活を見直しましょう

カウンセリング

誰もが通ります

更年期障害は、日本人の女性のほとんどが50歳前後の閉経を挟む時期に起こると言われています。女性の50歳前後は更年期で、女性ホルモンのバランスが乱れ自律神経に影響を与えます。女性なら誰もが経験し、通り抜けなければならない時期ですが、更年期障害の具体的な症状は、人により大きく差があります。更年期を全く感じないくらい楽に超えられる人がいれば、とても苦痛に悩まされ、超えるのに心身ともに苦労する人もいます。女性なら誰もが、更年期をできるだけ楽に超えられたら良いと望むところです。そこで、更年期を迎える前のずっと早い時期から対策を考えておきましょう。毎日の生活習慣を振り返ることから、対策を始めてみましょう。そうすることが、楽に更年期を乗り越える第一歩になります。

楽に乗り越えましょう

まずは食生活や睡眠時間が乱れていないかを自分でチェックします。朝昼晩の食事を、規則的にとっていますか。睡眠不足ではありませんか。ただ単純に食べるだけではなく、栄養バランスがかたよっていないか、食べ過ぎや飲み過ぎをしていないか、しっかり見直してみましょう。更年期障害にとても効果が高いと言われている大豆イソフラボンを積極的にとったり、ホルモンバランスを整える働きをする亜鉛やビタミンEも意識してとるようにしましょう。また、更年期障害の対策として、忘れてはいけないのが定期的な運動です。中でも自律神経のバランスを整えるのに有効なウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。さらに普段の生活から神経質にならないように気をつけたり、ストレスをためずに発散することも、更年期を上手に乗り越える対策の一つに欠かせません。