更年期障害は事前に対策しよう【イキイキ生活を送る秘策】

身体の不調を感じたら

女医

一般的に40歳の半ばを迎え、多くの方が悩まれるものの1つに更年期障害が挙げられます。更年期障害とは、主としてホルモンバランスの乱れが原因となって、身体的・精神的不調があらわれる自律神経失調症の1つです。「体のほてり」、「多汗」、「めまい」などの身体症状や、「不安」、「うつ」、「いらいら」などの精神症状が現れ、人によっては日常生活が大きく阻害される場合もあります。女性の場合、閉経を迎える前後に現れやすいことが分かっていますが、近年では30代で現れる若年性更年期障害が注目されています。これには、無理なダイエットや不規則な生活により、ホルモンバランスが乱れてしまうことが影響していると考えられています。以上のことから、更年期障害を改善していく対策としては、ホルモンバランスを整えていくことが大切になります。

更年期障害の対策として、大切になるのは日常生活の見直しです。偏った食事や睡眠が続くことで自律神経が乱れ不調が生じやすくなります。食事では、ホルモンバランスを整える働きのあるビタミンEや亜鉛などを適正分摂取することが効果的と言われています。また、ウォーキングなどの有酸素運動も、リフレッシュ効果が高く、更年期障害を改善する対策の一つとして考えられています。その他の対策として、症状に合わせてホルモン補充療法や漢方薬、精神安定剤などが挙げられます。更年期障害の時期は、子どもの独立や介護、夫婦関係の変化、昇進など環境が変わりやすく、ストレスを感じやすいものです。このことからも、十分な休養や余暇の充実などのストレス対策も更年期障害を改善するための重要なポイントになるでしょう。