更年期障害は事前に対策しよう【イキイキ生活を送る秘策】

生活を見直しましょう

カウンセリング

更年期障害は、前もってどのような生活習慣をしていたかによって、症状が緩和されたり重くなったりします。更年期を迎える前に、ある程度対策をしておくことが更年期を楽に乗り越える一つのポイントになるでしょう。

More…

中高年の病気とは

頭を抱える女性

更年期障害は、動悸やほてりなどの症状が出ますが多くの人はそのままにしています。対策としては女性ホルモン注射などがありますが生活習慣を見直すことも必要です。タバコや飲酒を控え、運動なども効果的ですがまずは医師に相談することが大切です。

More…

更年期のトラブル

下を向く女性

血圧の変動が見られます

更年期障害で現れてくる代表的な症状が、血圧の変動です。更年期の時期には、自律神経のバランスが大幅に崩れます。血圧は自律神経の影響を少なからず受けていることから、更年期には概して血圧が上がるといった症状がみられるのが常です。ホットフラッシュと呼ばれるほてりや、動悸なども更年期障害ではよく起こります。一般の内科では、このような更年期障害の対策として降圧剤などを処方しています。血圧をコントロールをすることで、頭痛や肩こりといった不快な症状の改善を目指すのがこのような治療の目的です。また、心疾患や脳血管障害のリスクを下げることも重要な課題となります。更年期障害が生じる時期には、生活習慣病の心配も出てくるため、このような対策が必要です。

自律神経がカギを握ります

更年期障害の対策を講じるうえでは、実のところ自律神経のバランスを調節することが大切です。降圧剤を使用するとともに、様々な工夫を取り入れて自律神経の安定をはかることが重要と言えます。このような対策を講じないと、降圧剤の効果も十分に得られないことがあるため注意が必要です。自律神経を整えるためには、精神的な面からのアプローチも有効です。医療機関によっては、精神安定剤などを処方することもあります。不眠傾向がある場合は、睡眠導入剤も多く用いられる薬です。自律神経は心身のあらゆる機能にかかわっており、更年期障害の改善を目指す際には特に注目したい要素です。内科的な治療で効果が得られない場合には、心療内科などを利用するのも一つの方法と考えられます。

身体の不調を感じたら

女医

更年期障害は、加齢による身体変化や、日常生活の乱れなど多くの要因が関わっている病気と言えます。生活スタイルを見直し、ホルモンバランスを整えるための対策を行うことで、より良い身体的・精神的健康に繋がっていくでしょう。

More…